安楽寺

安楽寺の由来

Introduction of the Anraku-ji Temple

  • EN

住蓮山安楽寺は、京都左京区鹿ヶ谷にあります。法然上人の弟子、住蓮上人と安楽上人を開基とします。この開山両上人が、現在地より東1キロメートルあたりに「鹿ヶ谷草庵」を結び、布教活動の拠点を持たれたのがこの寺のはじまりです。

山門前の石柱には、「浄土礼讃根元地」と刻まれています。開山両上人は、唐の善導大師(ぜんどうだいし)の『往生礼讃』に大原魚山(天台宗)の礼讃声明(らうさんしょうみょう)を転用して浄土礼讃を完成されました。両上人が称える礼讃は誠にすばらしく、両上人の前で出家を希望する人もありました。

その中に、後鳥羽上皇の女官、松虫姫と鈴虫姫がおられました。両姫は、法然上人や開山両上人から念仏の教えを拝聴し感銘され、いつしか仏門に入りたいと願うようになりました。建永元年(1206)12月、両姫は後鳥羽上皇が紀州熊野に参拝の留守中、夜中秘かに京都小御所を忍び出て「鹿ヶ谷草庵」を訪ね剃髪、出家を乞います。最初、両上人は出家を認めませんでしたが、両姫のお詠に感銘されます。
「哀れ憂き この世の中にすたり身と 知りつつ捨つる 人ぞつれなき」

At the beginning of the Kamakura period [AD. 1192-1333] , the Anraku-ji temple was first built by Anraku and Juren. They were the disciples of the Holy Priest Honen [1133-1212] , the founder of the chanting of Namu Amida-Butu ( “I worship thee, Amida Budda”).

Honen’s simple message of salvation was heard with joy by the common people in an age of crisis . that is, in the Kamakura period in which Japanese history entered the first phase of organized feudalism after a long period of aristocratic rule.

拝観のご案内

For All Anrakuji-temple Visitors

年間スケジュール

さくら /4月上旬の土日
つつじ / 5月上旬の土日・祝日
さつき /5月下旬〜6月上旬の土日
鹿ケ谷カボチャ供養 / 7月25日
もみじ /11月全土日・祝日、12月上旬の土日
公開時間9:30~16:30
拝観料¥500(中学生以下無料)

春と秋の一般公開について

住蓮山安楽寺では、春と秋のお花の時期に併せて一般公開を行い、庭園をはじめ、本堂・書院を解放しております。
春は、さくらの頃、つつじの頃、サツキの頃を中心として、秋は、もみじの頃に公開日を設定しています。
仏さまのみ教えに触れていただきたいという願いを込め、本堂で30分おきに約10分間、寺の由来やお木像の説明をさせていただいております。。法務がない時間帯は、住職が本堂におりますので、寺の縁起のこと、仏教のこと、植物のことなどお尋ねがありましたら、できる限り対応させていただきます。
また、納経(朱印)は書院(または、受付)で受け付けております。

安楽寺 地蔵縁日

安楽寺の「くさの地蔵」さまは、古くから皮膚病や腫瘍平癒にご利益があると信仰されてきました。平成三年(1991)の解体修理で胎内に墨書銘が認められ、鎌倉時代中期の正嘉二年(1258)五月二日の作の木造であり、作者も慶派の仏師であることが判明いたしました。
安楽寺には「くさの地蔵」さまへの願掛けやお礼に奉納された古い柄杓(ひしゃく)がたくさん残されています。
「柄杓」には北斗七星にかたどられ、世界中の神話に神聖な道具として登場するものです。

2015年5月2日、地蔵堂が再建され開眼供養を受けられたお地蔵様のお膝元で「地蔵縁日」も150年ぶりに再開されました。お地蔵様の誕生日にあたる毎月2日は安楽寺の「地蔵縁日」にどうぞ皆様お誘い合わせてお参りください。

Public opening doors in spring and fall seasons.
Anrakuji only opens for public when it is the time for the flowers viewing in spring and fall. Visitors can go into “Hondo”, “Shoin”, and “Kyoto’s high rated gardens” at just this opening season.
Spring is the best known season for Sakura, Tsutsuji, Satsuki, and fall time is for Momiji leaves.
Then, the temple provides the explanation about the origin of the temple and the wooden statues for 10mins(Japanese only) at every 30 mins every day.
In the meantime, visitors can enter the “shoin room” to enjoy seeing a hanging scroll (a treasure of the temple)

※when no events happens.
Interpreting the scroll is also available if requested(Japanese Only) at the same time. Moreover, visitors can get what called “Nokyo” (souvenir stamps) at last.

Anrakuji’s Yearly Schedule

SpringSakura // Saturday, Sunday of the first 13days of April
Tsutsuji // Saturday Sunday of the first 13days of May and national holidays
Satsuki // the last 13days of May through up to the beginning of June
SummerShishigadani Squash Memorial Dedication
(Kabocha Kuyo)//July. 25th
FallThe Best times of autumn leaves
// Every Saturday Sunday and National holidays of November, the Saturday Sunday of first 13days of December

フォトギャラリー

Photo Gallery

  • 安楽寺
  • 安楽寺
  • 安楽寺
  • 安楽寺
  • 安楽寺
  • 安楽寺
  • 安楽寺
  • 安楽寺
  • 安楽寺

安楽寺地蔵縁日のご案内

About Jizo-Ennichi fair at Anrakuji-temple

「安楽寺 地蔵縁日」
2015年5月2日より毎月2日/10時開門~16時閉門/入山料 500円 お土産付き

2015年5月2日、再建された地蔵堂で開眼供養を受けられたお地蔵様に合わせて、150年ぶりに「地蔵縁日」を再開されました。これから、お地蔵様の誕生日にあたる毎月2日は安楽寺の「地蔵縁日」を皆様お誘いあわせてお参り下さいませ。

"Jizo-Ennichi fair at Anrakuji-temple"
On May 2nd, 2015, the fair called “Jizo-Ennnichi” was resumed for the first time in 150 years with the Jizo which had been served in the hall house, Jizo-do.

Date : On the 2nd each month
Time : 10 a.m. to 4 p.m.
Fee : 500yen per person

*Kids are free.
This includes a small gift.

和讃法要厳修ご案内

※和讃とは、仏教の教えや寺の由来などを讃歎(さんだん)した歌のことをいい、仏教讃歌のひとつです。『安楽寺松虫姫鈴虫姫和讃』は、その題名が示すように、安楽寺の縁起について述べた和讃です。

4月29日(祝) // 鈴虫姫祥月命日(午前11時より)
6月第1日曜日 // 開山忌(午後1時より)
11月18日 // 松虫姫祥月命日(午前11時より)

上記以外の月も、月1回日曜の午前中に月例会を行っております。どうぞお気軽にご参加ください。詳しくはこちらまでお願いします。

カボチャ供養

July.25th
Shishigatani Squash (Kabocha) Memorial Dedication

住蓮山安楽寺では、毎年7月25日の9時から15時(入山)まで「中風まじない鹿ヶ谷カボチャ供養」を勤めています。当日ご参拝されたお方に、煮炊きされた鹿ヶ谷カボチャを食べていただき、中風にならないよう祈願する行事です。

鹿ヶ谷カボチャは、寺伝によると、寛政年間をはじめ(1790年頃)、京都の粟田に住んでいた玉屋藤四郎(たまやとうしろう)が青森県に旅行した際にカボチャの種をお土産に持ち帰りました。鹿ヶ谷の庄米兵衛に与え、当地で栽培したところ、突然変異して、ひょうたんの形になったといわれています。

この頃、当寺の住職、真空益随(しんくうえきずい)上人が本堂でご修行中、ご本尊阿弥陀如来から「夏の土用の頃に、当地の鹿ヶ谷カボチャを振る舞えば中風にならない」という霊告を受けられたそうです。以後7月25日に供養日を定め、今日にいたっています。220年続く伝統行事です。当日の受付・調理・配膳などは、すべて檀信徒の方々にお手伝いをしていただいています。

なお、当日、本堂では「安楽寺縁起絵」「剃髪図」「九相図」などの宝物(掛け軸)十数点も虫干しを兼ねて公開され、10時と15時から絵解きも行われます。

Jyurenzan Anrakuji-temple has a Shishigatani Memorial dedication from 9am to 3pm, on July.25th.

This is for people to pray not to catch a paralysis. Anrakuji provides a small dish of simmered special Shishigatani squash for all visitors to avoid the illness.

According to a biography of the temple, in 1790s, a man, Toshiro Tamaya lived in Kurita Kyoto traveled to Aomori in Japan. Then, he brought back a seed of a squash and he tried growing it. Surprisingly the mutation of the squash occurred, and it is said that the shape was like a beer bottle.

At that time, the chief priest named Shinkuu Ekizui, who was training at Hondo building in Anrakuji, got a divine message by Amida Buddha. The message was, “provide a Shishigatani squash on mid-summer, and people do not get a paralysis.” After that, the date July.25th was set as memorial service day, and then it has been being held for 250 years since then.
People who work for making the special squash dish on the day are all believers of Anrakuji-temple for generation to generation today.

松虫姫鈴虫姫和讃

Wasan of Princess Matsumushi and Princess Suzumushi

和讃(わさん)とは、和文で仏・菩薩や仏教の教え、寺の由来、あるいは先徳の伝記や行蹟などを讃歎した歌のことをいい、訓伽陀・御詠歌と並ぶ仏教讃歌のひとつです。
『安楽寺松虫姫鈴虫姫和讃』は、その題名が示すように、安楽寺の縁起について述べた和讃です。つまり後鳥羽上皇の女官であった松虫姫と鈴虫姫が、安楽寺の開山である住蓮上人と安楽上人のもとで剃髪染衣(ていはつぜんね)を求め出家するいきさつが、七・五調の句を重ね、美しい調べにのって語られています。
安楽寺の由来物語と照らし合わせてご覧ください。

→安楽寺松虫姫鈴虫姫和讃

Wasan is Japanese hymn of showing respect to Bosatsu, Hotoke, and temples with big acclaim; it’s a one of the famous Buddhist hymns out of Kunkada and Goeika.

Anrakuji’s Wasan of Princess Matsumushi and Princess Suzumushi is the one about Anrakuji temple’s dependent origination.
The hymn with 5-7-5 syllables show the situation in which the two princesses, used to work for the emperor Gotoba, wanted to shave their hair to become a priest under the priests; Jyuren and Anraku.

Please enjoy the Wasan of the narrative as well as Anrakuji’s great history.

→Wasan of Princess Matsumushi and Princess Suzumushi (Japanese)